(株)さっにんごろ

きりしまんじだ 、で週末ファーマーをしている”さっにん”の記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渋柿

2001年、オイラのちゃんがまだ元気な頃

柿と栗を2人で植えました。

その時に植えたのは愛宕柿と丹波栗だったと思います。


           作業後に、 「↓この柿はしぶけ?」と父ちゃんに聞いたところ、答えは「しぶがっ」
DSC00518.jpg
オイラ「きったおひや」

父ちゃん
    「う~んにゃ!」

「なんごっで」

さんとうえたっよ」


当時、何も言えなかったオイラでした。


その、渋柿。今年はどうやら当たり年と見え、たくさんの実を付けました。


熟しは、すぐに鳥のえさとなってしまいます。
DSC00520.jpg
さて、ちぎって帰った柿。このままでは食べられないので
DSC00510.jpg
子供等と「ワイワイ(お父さんのはピンピカ!)」言いながらタオルで綺麗にいて
DSC00511.jpg
ヘタを焼酎にチョコッと漬けて
DSC00509.jpg
ビニール袋に入れて閉し、暫らく保存します。(オイラの伯母曰く日で食がなっど)
DSC00508.jpg
オイラのじいちゃんから数えて代目の↓3兄弟は渋がけるのを待ち構えてます。
DSC00506.jpg
あの時、切り倒さなくて良かったなあ!
と思った今でした。
スポンサーサイト

テーマ:家庭菜園 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/25(日) 19:19:58|
  2. あおしがき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。